アイコンエンボス(浮き出し)加工

データ作成方法

アイコンイラストレーターで作成されたデータのみに対応しています。

「印刷データ」「型データ」「完成イメージ」の3点必要となります。

データ名(例):front.ai

CMYKで作成してください。


データ名(例):kata.ai

型を作成するためのデータです。
K100%の「塗り」で作成してください。
(スウォッチライブラリにK100%があります。)

細かいオブジェクトや文字はつぶれてしまう可能性がございます。
文字のポイントは6pt以上を推奨しております。
(データチェック対象外となります)


データ名(例):sample.jpg

完成イメージ(サンプル画像)を作成してください。
レイアウトの確認として使用させて頂きます。
文字校正や細部の確認は行いません。

型データの作成

型データは、K100%の「塗り」で作成してください。
線幅設定を太くして作成した場合、イメージ通りの型に仕上がりません。
(データチェック対象外とさせていただきます)

パスデータは、必ず最後まで囲ってください

エンボス加工を施す面について

原則的に表面(カラー 面)が浮き出し(凸)面になります。

注意

裏面を浮き出し(凸)面にする場合は、必ず特記事項とデータにご記載ください。

記入例 浮き出し面:back_ol.ai(データ名)

ご注文時の商品選択は、以下の通りとなります。

CREATE GUIDE

TEMPLATE