アイコン文字切れ・塗り足しについて

印刷後、ご希望のサイズに断裁いたしますが、断裁時のわずかなズレが生じます。塗り足しがなかったり、断裁位置付近に文字が配置されている場合、紙の地の色が見えてしまったり、文字が切れてしまう可能性がございます。

文字のレイアウト位置(文字切れ)
仕上がりサイズより3mm内側に配置してください。

塗り足し
仕上がりサイズより3mm外側に配置してください。

文字切れについて

断裁の際に切れては困る文字やロゴ等は、断裁位置(仕上がりサイズ)より内側3mm以内に配置してください。
断裁位置(仕上がりサイズ)ギリギリにレイアウトされますと、断裁時に文字やデザインが切れてしまうことがあります。

文字切れについて、詳しくはこちらもご覧ください。

塗り足しについて

塗り足しがない場合、断裁の際に少しでもズレてしまうと紙の色が出てしまいます。
背景は必ず、上下左右3mm外側まで伸ばしてください。

塗り足しについて、詳しくはこちらもご覧ください。

文字の配置・塗りたしサイズ例

断裁のズレが
目立ちやすいデザイン

仕上がり線の内側の1〜2mmに枠(フレーム)のあるデザインは、断裁のズレが目立ちやすくなります。
枠(フレーム)は、仕上がり線の内側3mm以上にしていただくことを推奨いたします。

目立ちやすい例 (仕上がりより内1mmの幅でフチを作成されている場合)

3mm以下の細かなフチを作成された場合、断裁のわずかなズレで、「フチが無くなる」「均等ではない」などズレが目立ってしまいます。

目立ちにくい例 (仕上がりより内3mmの幅でフチを作成されている場合)

断裁のわずかなズレが生じますが、3mm以上のフチを作成することによりズレが目立ちにくくなります。

白フチで作成される場合でも、3mm以上のフチで作成することによりズレが目立ちにくくなります。

目立ちやすい例 (仕上がり位置の近く「内1mm」に配置されている場合)

センター揃えで作られたデザインは、断裁ズレが目立ちやすくなります。

目立ちにくい例 (仕上がり位置に余裕「内3mm」がある配置の場合)

3mm以上余裕を持った配置にすることで、断裁ズレが目立ちにくくなります。

断裁線(仕上がり罫)

断裁線(仕上がり罫)を実線のまま作成されますと、レイアウトも含めて一緒に印刷されてしまいます。
ご注文前に削除してください。(データチェック対象外となります。)
断裁位置(仕上がり線)の目安には、印刷に反映されないガイドの使用をおすすめします。

CREATE GUIDE

TEMPLATE