植物油インキ(Vegetable Oil Ink)について

植物油インキとは

大豆やヤシ、パームなど非食用油を含めた植物油全般を原料とするインキを「植物油インキ」といいます。 今まで環境にやさしいインキマークといえば「ソイインクマーク」が主流でしたが、2011年に廃止される見込みのため、これに代わるものとして2009年12月に日本を代表するインキ団体組織「印刷インキ工業連合会」によって制定されました。 植物油インキを使用している印刷物は環境に優しいと言われており、徐々に印刷業界を中心に広がってきております。

弊社の印刷物にこのマークを使用できます。

弊社では全てのオフセット印刷物に植物油インキを使用しておりますので、ベジタブルオイルのロゴマークを印刷物に表記し、環境に配慮していることをアピールできます。その場合は必ず、添付データに入っているガイドラインに従って使用基準に準じ、使用してください。

ダウンロードはこちらから(イラストレーターepsデータ ver8.0) ※使用に際して発生したトラブルに関しては原則的に弊社では責任を負えませんのでご了承ください。

植物油インキの定義

  1. 植物油とは
    再生産可能な大豆油、亜麻仁油、桐油、ヤシ油、パーム油等植物由来の油、 及びそれらを主体とした廃食用油等をリサイクルした再生油。
  2. 植物油インキとは
    インキ中に含有する植物油、または植物油を原料としたエステル※との合計が、含有基準量以上のインキ。

※ 植物油アルキッドについては、油長(植物油成分含有量)とする。

印刷インキ工業連合会のホームページはこちら
http://www.ink-jpima.org/ink_syokubutu.html