アイコンInDesign PDF注文 簡易チェック

PDF注文 簡易チェック方法

PDFデータでご注文の前に、簡単にできるデータチェック方法です。
データチェックにはAdobe Acrobat Readerをご利用ください。

Adobe Acrobat Reader ダウンロードはこちら

PDFで保存したデータを「Adobe Acrobat Reader 」で開き、「ファイル」から「プロパティ」を選択。
文章のプロパティ画面が表示されます。

「ファイル」→「プロパティ」

メニューから「プロパティ」を選択

チェック1

ページサイズ:「ご注文サイズ+塗り足し」で作成されているかをご確認ください。
塗り足しを含めないサイズの場合、断裁の僅かなズレにより、紙の色(白いフチ)が出てしまいます。

「文書のプロパティ」→「概要」

例:A4(210x297)mm仕上がりの場合
◯ 216x303mm
× 210x297mm

文書のプロパティ

チェック2

フォントのアウトラインが取れているか、ご確認ください。

「文書のプロパティ」→「フォント」

◯ フォントがなにも表示されない。
全てのフォントがアウトライン化されていますので、問題ございません。

◯ フォントが「埋め込みサブセット」になっている。
問題ございません。

× フォント埋め込まれていない。
別のフォントに置き換わってしまいます。
フォントのアウトラインをとってください。

文書のプロパティ

文字のアウトライン化

全てのロックを解除し。データ内のフォントを選択た状態でアウトラインを作成します。

「書式」→「アウトラインを作成」:InDesign CS4〜
「書式」→「グラフィックス化」 :InDesign CS / CS2 / CS3
「書式」→「アウトライン作成」 :InDesign 1.0 / 2.0

アウトライン作成後は、文字の編集ができなくなりますので、作成前にデータのバックアップをお勧めします。

注意

フォントのアウトラインを作成する際は、ボックスを選択して実行してください。
文字を選択していして実行すると、レイアウトが変わってしまう場合があります。

ボックスと文字の選択別アウトラインイメージ

※ InDesignのグラフィックス化は、文字のピッチが変わったり、下線が消えてしまったりするなど、予測のつきにくい部分に影響が出る場合もありますので、作成後に再度確認してください。

アウトライン化の確認

アウトラインがとれているかどうか、確認・検索することができます。
「書式」→「フォント検索」を選択し、確認してください。

「書式」→「フォント検索」

フォント検索の画面

CREATE GUIDE

TEMPLATE