データチェック項目

キングプリンターズでは、ご注文いただいたデータが印刷可能かどうかの確認をしています。
印刷物をきれいに仕上げるために、初めてご注文される方、データ作成に不慣れな方は、今一度ご確認をお願いいたします。

データチェック対象外はこちら

ご注文内容とデータの刷色が一致しているかどうか

刷色が一致していない場合、印刷工程に進むことができません。

▶ 詳しくは完全データへの道「刷色ってなに?」をご覧ください

ご注文内容とデータのサイズが一致しているかどうか

データサイズがご注文サイズと一致していない場合、印刷工程に進むことができません。

例えばご注文サイズ:A5でデータサイズ:A2の場合、印刷に進行することができません

ご注文データが、ご注文サイズ内に収まるサイズで作成されている場合、お客様がご希望されているサイズと判断し、印刷させていただきます。

▶ 詳しくは、Illustratorサイズ設定・トリムマークの作成 / Photoshopサイズ設定・ガイドの作成をご覧ください

文字のアウトライン化がされているか

文字のアウトライン化がされていない場合、印刷工程に進むことができません。

▶ 詳しくは文字のアウトライン化についてをご覧ください

上下左右に3mmの塗り足しがあるか

予想される問題

塗り足しがない場合、断裁の僅かなズレにより、紙の色(白いフチ)が出てしまいます。

塗り足しがない場合に白場が出てしまったイメージ画像

解決策

データ作成の際は、上下左右3mmの塗り足しをつけましょう。

塗り足し有りで綺麗に仕上がったイメージ画像

▶ 詳しくは、Illustrator文字切れ・塗り足しについて/ Photoshop文字切れ・塗り足しについてをご覧ください

断裁位置よりも3mm内側に文字が収まっているか

予想される問題

断裁位置(仕上がりサイズ)近くに文字やデザインがあると、断裁時の僅かなズレにより 文字やデザインが切れてしまうことがあります。

文字切れのイメージ図

解決策

切れては困る文字やロゴは、断裁位置(仕上がりサイズ)より内側3mm以内に配置しましょう。

文字切れしない正しいレイアウトのイメージ図

▶ 詳しくは、Illustrator文字切れ・塗り足しについて/ Photoshop文字切れ・塗り足しについてをご覧ください

画像の解像度は印刷に適しているか

予想される問題

データ内に使用している画像の解像度が低い場合、パソコンのディスプレイ上ではきれいに見えていても、実際に印刷するとカクカクしてしまいます。

解像度のディスプレイと印刷後の見え方

解決策

写真をキレイに印刷するのは、最低300dpi〜400dpi必要です。
デジタルカメラの画像を使うときは、画素数の高いものをご使用ください。

画素数の低いものと高いものの見え方の違い

▶ 詳しくは画像の解像度設定をご覧ください

画像は正しくリンクされているか

正しくリンクされていない場合、印刷工程に進むことができません。

Illustratorリンクパレットの表示の解説

▶ 詳しくは画像の配置(埋め込みとリンク)をご覧ください

加工の指示がされているか(加工がある場合)

どちらの面にPP加工を施すのか、折やミシン目の位置など、加工の指示が不明瞭な場合印刷工程に進むことができません。

Illustratorリンクパレットの表示の解説

▶ 詳しくは加工別ガイドをご覧ください

無料で使える・無料で作れる・無料で学べる 印刷データ作成 お役立ちサービス