TEL
全国 送料無料
050-5805-2094

3.写真やイラストにメタリック効果を追加します

3.1.画像や文字にSilver, Metallic, Goldを追加する方法

メタリック/ゴールド印刷用テンプレートのページで、デザインに使いたい色とサイズのテンプレートをダウンロードしてください。

(テンプレートには、必要なメタリックカラーの見本が含まれています。)

テンプレートのダウンロード(無料)はこちら

2 パスで形成されたオブジェクト(ベクターオブジェクト)や図形を使用(作成)するか、シルバー、メタリック、ゴールドの塗りを適用するテキストを選択します。

パスで形成されたオブジェクト(ベクターオブジェクト)

3 シルバーやメタリックで印刷したい場合は、オブジェクトをシルバーレイヤー内に、ゴールドで印刷したい場合は、オブジェクトをゴールドレイヤー内に作成してください。

オブジェクトを選択してから、レイヤーの■をスライドさせることでレイヤー間の移動が可能です。

オブジェクト

4 レイヤー内のオブジェクトを選択し、スポットカラーで塗りつぶします。

シルバーまたはメタリックカラーの場合は、シルバーまたはMS 001-MS 036のスウォッチを使用します。
ゴールドまたはゴールドカラーの場合は、ゴールドまたはMG 001-MG 024のスウォッチを使用します。

乗算」と「グループの抜き」の使い方は以下のガイドをご覧ください。

スポットカラーで塗りつぶしたオブジェクトのイメージ

3.2 写真にメタリック効果を追加します(イラストレーター)

まずはサンプル請求していただくのがオススメです!!

メタリックの仕上がりってデータでは中々判断しにくいですよね?
まずは弊社のメタリックサンプルをご請求ください!実際に見ていただくと仕上がりがご想像いただけると思います。
この作成ガイドと合わせて、データ作成にお役立て下さい。

「メタリック印刷(シルバー/ゴールド)」は基本セットに含まれておりませんので、ご入用の方は無料サンプルセットのご請求ページの「メタリック印刷(シルバー/ゴールド)」の「必要」にチェックを入れてください。

メタリック印刷のサンプル請求はこちらから

メタリック印刷のサンプル請求のイメージ

<データ作成の前に>

メタリック印刷では、イラストレーターで作成されたデータを入稿していただく方法をオススメしています。また、ガイド通りに作成されたPDFの入稿データもお受けしております。
制作したい特色やサイズのテンプレートをダウンロードしてください。
テンプレートを開くと、「スウォッチ」パネルでシルバーもしくはゴールドのスウォッチが表示されています。

「スウォッチ」パレット

スウォッチパネル

「カラー」パレット(特色の%(濃度)を変更できます)

カラーパネル

表示されてない場合はウィンドウから選択し表示して下さい。
上部メニューバーの「ウィンドウ」から表示させることができます。

カラーとスウォッチを選択

<オリジナルメタリックカラー データ作成方法〜文字編〜>

メタリックにしたい箇所の、文字オブジェクトをコピーし、上部にペーストします。

文字オブジェクト

2 上部にペーストした文字オブジェクトを選択したまま、スウォッチ内のSilverで着色します。

カラーパレットで濃度を100%→80%に下げて下さい。
※「%」を下げることで、一番明るい光沢感が出ます。そのためキングプリンターズでは80%推奨しております。

文字オブジェクトをスウォッチ内のSilverで着色したイメージ

3 Silverの文字を選択し、上のメニューバーの「ウィンドウ」から透明パレットを出します。

Silverに着色した文字を選択し、「通常」→「乗算」に変更して下さい。

Silverに着色した文字を乗算に変更

CMYKカラーとSilverが掛け合わさりメタリック色が完成しました!

<オリジナルメタリックカラー データ作成方法〜画像編〜>

※ここではイラストレーター上でできる方法をご紹介しています。

画像をコピーし、前面にペーストします。

画像をコピーして前面にペースト

2 「リンク」パネルから、複製した画像を「画像を埋め込み」にします。

リンクパネルから画像を埋め込み

3 埋め込んだ画像を選択し、上部のメニューバーから「編集」→「カラーを編集」→「グレースケールに変換」をクリックします。

埋め込んだ画像をグレースケールに変換

グレースケールに変換した画像を選択し、【塗り】にSilverを着色します。

グレースケールに変換した画像をSilverに着色

2つの画像データの座標を合わせ、上に重なっているSilverの画像を選択。
「ウィンドウ」から「透明」を選び、「通常」→「乗算」に変更します。

乗算に変更

画像がメタリック仕様になりました!
※この場合は画像全体がメタリック仕様となります。

3.3. 特殊トナーでの乗算効果とノックアウト効果の使用。

CMYK+ 特殊トナーの印刷データを作成する際には、乗算効果とノックアウト効果を使い分けることが重要です。

<ノックアウト効果の作成>

ノックアウト効果の作成

ノックアウト効果を作成するには、オブジェクトを選択し、透明パネルからノックアウトグループを適用します。
【ウィンドウ】→【透明】→【グループの抜き】のボックスをチェックが入るまでクリックしてください。

【グループの抜き】の仕組みには以下になります。

グループの抜きの仕組み

<ブレンド効果の作成>

ブレンド効果の作成

ブレンド効果の作成には、オブジェクトを選択し、透明パネルから乗算を選択します。
【ウィンドウ】 → 【透明】 → 描画モードから【乗算】を選択します。

【乗算】の仕組みをご紹介します。

ブレンド効果を使用すると、2つ以上のオブジェクト間の色や形に沿って融合されたイメージを作成することができます。
その中で「乗算」は色と色のかけ算です。色の重なり感をきれいに表現したい時などに使用されます。

乗算を使用した場合

重ね合わせた部分の色が変化しました。
下レイヤー(緑色の円)と上レイヤー(赤色の円)を乗算で重ねたところ、円の重なった部分は黒色に近い色になりました。
このように乗算を使用して、複数の色を掛け合わせていくと黒に近い色に変化していきます。

女性のイメージ

デザインにゴールドを使用するお客様へ

お客様のデザインに鮮やかで光沢のあるゴールドを印刷するためには、ノックアウト効果の作成を強くお勧めします。

メタリック印刷(シルバー)と ゴールド印刷のデータ作成
目次

メタリック印刷(シルバー)と ゴールド印刷のデータ作成について TOP