TEL
全国 送料無料
050-5805-2094

3.写真やイラストにメタリック効果を追加します

3.1.画像や文字に特色Silverもしくは特色Goldを追加する方法

飛行機のオブジェクトと文字にGoldの特色を追加した仕上がりイメージ

仕上がりイメージ

飛行機のオブジェクトと文字のところに特色Goldを追加します。

メタリック/ゴールド印刷用テンプレートのページで、デザインに使いたい色とサイズのテンプレートをダウンロードしてください。

(テンプレートには、必要なメタリックカラーの見本が含まれています。)

テンプレートのダウンロード(無料)はこちら

2 パスで形成されたオブジェクト(ベクターオブジェクト)や図形、テキストを作成します。

パスで形成されたオブジェクト(ベクターオブジェクト)

3 シルバーやメタリックで印刷したい場合は、オブジェクトをSilverレイヤーに、ゴールドで印刷したい場合は、オブジェクトをGoldレイヤーに作成してください。

オブジェクトを選択してから、レイヤーの■をスライドさせることでレイヤー間の移動が可能です。

オブジェクトをゴールドレイヤーに移動したイメージ

4 レイヤー内のオブジェクトを選択し、スポットカラーで塗りつぶします。

シルバーまたはメタリックカラーの場合は、シルバーまたはMS 001-MS 036のスウォッチを使用します。
ゴールドまたはゴールドカラーの場合は、ゴールドまたはMG 001-MG 024のスウォッチを使用します。

スポットカラーで塗りつぶしたオブジェクトのイメージ

3.2 写真にメタリック効果を追加します(イラストレーター)

メタリックシルバー/ メタリックゴールドの特色スウォッチの中にご希望の色がない場合、Silver単色かGold単色の特色に上からCMYKカラーを乗算し重ねることでオリジナルメタリックカラーを作ることも可能です

メタリックカラーを作成した際の仕上がりイメージ

仕上がりイメージ

ロゴを使用して、メタリックカラーを作成します。

<オリジナルメタリックカラー データ作成方法〜文字編〜>

メタリックにしたい箇所の、文字オブジェクトをコピーし、上部にペーストします。

文字オブジェクト

2 上部にペーストした文字オブジェクトを選択したまま、スウォッチ内のSilverで着色しカラーパレットで濃度を下げてください。

文字オブジェクトをスウォッチ内のSilverで着色したイメージ

上部メニューバーの「ウィンドウ 」のカラーパレットを表示して、濃度を100%→80%に下げてください
※「%」を下げることで、一番明るい光沢感が出ます。そのためキングプリンターズでは80%推奨しております。

カラーパレットで濃度を100%→80%に下げたイメージ

3 特色Silverに変更したオブジェクトをSilverレイヤーに移動し、2つのオブジェクトを重ねます。

オブジェクトをSilverレイヤーに移動して、重ねたイメージ

3 次にCMYKレイヤーのオブジェクトを選択し、上のメニューバーの「ウィンドウ」から透明パレットを出します。
「通常」→「乗算」に変更して下さい。

Silverに着色した文字を乗算に変更したイメージ

CMYKカラーと特色Silverが掛け合わさりメタリック色が完成しました!

完成イメージ

<オリジナルメタリックカラー データ作成方法〜画像編〜>

※ここではイラストレーター上でできる方法をご紹介しています。

画像をコピーし、前面にペーストします。

画像をコピーして前面にペースト

2 「リンク」パネルから、複製した画像を「画像を埋め込み」にします。

リンクパネルから画像を埋め込み

3 埋め込んだ画像を選択し、上部のメニューバーから「編集」→「カラーを編集」→「グレースケールに変換」をクリックします。

埋め込んだ画像をグレースケールに変換

グレースケールに変換した画像を選択し、【塗り】にSilverを着色します。 着色後、下の「Silver」レイヤーに移動します。

グレースケールに変換した画像をSilverに着色

5 下に移動した特色Silverに着色した画像を選択し、カラー濃度を80%に変更します
100%で使用していただいても問題はないですが、カラー濃度を80%に設定するとより、メタリック感がでます

乗算に変更

6 次に上のCMYKレイヤーにある画像を選択し、「ウィンドウ」から「透明」を選び、「通常」→「乗算」に変更します。

乗算に変更

7 2つの画像データの座標を合わせます。こちらで、画像がメタリック仕様になりました!

乗算のイメージ

乗算のイメージ

乗算して画像の座標を合わせたイメージ

乗算して画像の座標を合わせたイメージ

3.3. 特殊トナーでの乗算効果の使用。

CMYK+ 特殊トナーの印刷データを作成する際には、乗算効果を使いこなすことが重要です。

<ブレンド効果の作成>

ブレンド効果の作成

ブレンド効果の作成には、オブジェクトを選択し、透明パネルから乗算を選択します。
【ウィンドウ】 → 【透明】 → 描画モードから【乗算】を選択します。

【乗算】の仕組みをご紹介します。

ブレンド効果を使用すると、2つ以上のオブジェクト間の色や形に沿って融合されたイメージを作成することができます。
その中で「乗算」は色と色のかけ算です。色の重なり感をきれいに表現したい時などに使用されます。

乗算を使用した場合

重ね合わせた部分の色が変化しました。
下レイヤー(緑色の円)と上レイヤー(赤色の円)を乗算で重ねたところ、円の重なった部分は黒色に近い色になりました。
このように乗算を使用して、複数の色を掛け合わせていくと黒に近い色に変化していきます。

メタリック印刷(シルバー)と ゴールド印刷のデータ作成
目次

メタリック印刷(シルバー)と ゴールド印刷のデータ作成について TOP

簡単データ作成ガイドの
ダウンロード

メタリック印刷のデータ作成方法を分かりやすく説明した、「簡単データ作成ガイド」です!
ダウンロードしてご覧ください。

データ作成ガイドダウンロードのイメージ

データ作成ガイドのダウンロードには新規アカウント登録(無料)およびログインしていただく必要がございます。

まずはサンプル請求が
オススメです!!

実際に見ていただくと仕上がりがご想像いただけると思います。
この作成ガイドと合わせて、データ作成にお役立て下さい。

メタリック印刷(シルバー)と ゴールド印刷のサンプル請求のイメージ

「メタリック印刷(シルバー/ゴールド)」は基本セットに含まれておりませんので、ご入用の方は無料サンプルセットのご請求ページの「メタリック印刷(シルバー/ゴールド)」の「必要」にチェックを入れてください。