3回来店が成功の鍵!アイデアクーポン券でリピートしてもらおう

3回来店してもらうためのアイデアクーポン券サンプル画像

クーポン券はリピーター獲得の
「きっかけづくり」

お客様のリピート率が低い…。なかなか常連客になってもらえない…。
このようなお悩みを抱えていませんか?
お客様にリピーターになってもらうためには、再来店の「きっかけづくり」をすることが大切です。

例えば、飲食店を利用した際にこのような経験はないでしょうか。
友人と食事をした帰りに「このお店よかったね」「また行こうね」などと話しつつも日が経つにつれて、そのお店のことを忘れてしまい、結局1度行ったきりになっているという経験です。

お客様は、初回の来店時に接客や内装の心地良さで好印象を持ったとしても、そのあとお店が何もしなければ、お店のことはいつの間にか忘れてしまったり、なんとなく行かなくなったりするのです。接客や提供するサービスの質に満足いただくことは大前提ですが、お店はお客様に思い出してもらうための「きっかけづくり」をすることが非常に重要です。

このようなときに活躍するのが「クーポン券」です。印刷物として形を残し、財布の中にしまっておいてもらえれば、自ずと思い出されるきっかけになりますよね。
そして今回ご紹介する「アイデア付きクーポン券」は、再来店いただくためのアイデアをデザインに盛り込んでいるため、さらにリピーター獲得を期待できます。

めざせ!アイデア付きクーポン券で3回来店

安定した店舗経営にはまず3回来店してもらうことが成功の鍵です。

「3回安定10回固定の法則」というものをご存知でしょうか。

これは船井総研が提唱しているもので、一定期間にお店を3回利用することで、そのお客様の4回目以降のリピート率はぐんとアップし、10回利用することで、永続的にご来店いただける固定客になってくれるというものです。また、飲食店の場合、お客様が外食する際のお店選びは、「リピート利用」が80%以上を占める(※)という調査結果が出ています。

「アイデア付きクーポン券」はこのようなマーケティング理論を基に、まずは初回ご利用のお客様に、3回ご来店いただけるような工夫を凝らしたテンプレートをご用意しました。

※株式会社リクルートライフスタイル“飲食店リピート実態&リピート要因調査”
「ホットペッパーグルメ外食総研」 2019年10月02日
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/pressrelease/gourmet/nw28531_20191002

ここで差がつく!
アイデア付きクーポン券

アイデア付きクーポン券は「1枚で2回3回と利用してもらえる」クーポン券です。クーポン券をもらったお客様が「これは使わないともったいない」と思っていただけるような工夫を凝らしています。パソコンさえあれば、デザインソフトは一切不要。お店の名前や特典を変更するだけで、だれでも簡単にクーポン券のオリジナルデザインを作成できます。

来店のきっかけが増えるクーポン券

  • 1枚で2回3回と利用してもらえる。捨てられないクーポン券
  • 文字や数字を変更するだけ。データ作成から印刷注文までかんたん30分!
  • オモテウラ合計48種類のデザイン!リピーター集客のアイデア付き
  • 3回選べるクーポン

    3回来店してもらうためのアイデアクーポン券サンプル画像

    特徴
    状況に合わせて使いたい特典を選んでもらえるクーポン。
    3回来店いただければすべての特典を選べる仕組み。
    おすすめ
    利益を考える必要はありますが、お店の人気メニューなど「お試し」いただきやすいクーポンです。
  • 3ステップクーポン

    3回来店してもらうためのアイデアクーポン券サンプル画像

    特徴
    来店回数に応じて特典がグレードアップするクーポン。
    3回目にスペシャル特典を用意することで「使いたい欲」を刺激できます。
    おすすめ
    特典までのゴールが短く、スタンプを集めることへのハードルが下がるもっとも使いやすいものです。
  • じゃんけんクーポン

    3回来店してもらうためのアイデアクーポン券サンプル画像

    特徴
    1回のご来店につき1回じゃんけんをして、勝ち負けや勝率に応じて特典をだすクーポン。お客様とのコミュニケーションもとりやすいです。
    おすすめ
    お子様メニューなどを取り揃えたお店に特におすすめです。2回勝っていい特典をGETしてもらいましょう。
  • 定期券・フリーパス

    3回来店してもらうためのアイデアクーポン券サンプル画像

    特徴
    有効期限内であれば何度でも使えるようなパスポート型クーポン。
    ただし利用条件の提示を行い、利益とのバランスも考えましょう。
    おすすめ
    固定客と見込めそうなお客様を対象にキャンペーンでプレゼントしたり、販売してみるのもおすすめです。
  • ハッピーアワークーポン

    3回来店してもらうためのアイデアクーポン券サンプル画像

    特徴
    指定した時間の来店であれば、指定した店のメニューをお得に楽しんでもらえるクーポン。
    おすすめ
    一度来店いただいた人にだけ配ることで「この時間はあの店に行こう」と思い出してもらえるかも。
  • ビンゴクーポン

    3回来店してもらうためのアイデアクーポン券サンプル画像

    特徴
    来店回数と合う数字にスタンプを押したり、メニューを書いておいて、注文されたらスタンプを押す、といった仕組みでビンゴを目指すクーポン。
    おすすめ
    いけば行くほどお得になることと、楽しさという「体験」価値で忘れられにくいお店になりましょう。

アイデア付きクーポンの作成のポイント

1効果的な「有効期限」を設けよう

「今使わないともったいない」という顧客心理をつくためにも、クーポン券には出来るだけ有効期限は設定しましょう。期限のない無料券や割引券は、「今行かなくてもよい」と判断されてしまい、そのうち忘れ去られてしまう可能性があります。例えば、有効期限を1ヶ月などと期間を短めに設定し、通常の来店サイクルよりも早める仕掛けを作るのも効果的です。有効期限で「今だけお得」という限定感を強めましょう。

有効期限を設けよう

2「ご利用条件」で利益を確保しよう

忘れてはいけないのが、クーポン券にご利用条件を記載することです。「〇〇円以上のご注文限定」「このクーポン券1枚で〇人までご利用になれます」といったご利用条件の記載は、必要な利益を確保をするだけでなく、平均注文単価を上げる役目も担ってくれます。また、お客様の入りが少ない「〇時〜〇時限定」といった条件をつけるとお店の課題解決にもつながります。ぜひアイデア付きクーポン券の「ご利用条件」を参考にしてみてください。

ご利用は計画的に

3裏面は「お店の情報」をわかりやすく記載しよう

クーポン券を見たお客様が、「どんなお店だったけ?」「また予約したいな」と思ったときにすぐに行動に移せるように、「お店の名前」「住所」「問い合わせ先」「営業時間」といった情報は最低限必要となってくるでしょう。携帯からすぐ調べてもらえるようにQRコードを記載するのもおすすめです。また、裏面にクーポン券の適用条件を記載するのもいいですね。アイデア付きクーポン券のテンプレートにはあらかじめ文例が入力されているので、情報入力もかんたんです。

裏面情報も活用しよう

ご利用の流れ

クイックデザインテンプレート選択画面

クイックデザインONLINEで
テンプレートを選択する

クイックデザインテンプレート編集画面

編集画面で
デザインを作成する

キングプリンターズ 印刷注文画面

キングプリンターズで
印刷注文をする

かんたん編集MOVIE

クイックデザインONLINEでのデザイン作成方法をMOVIEを使ってご説明します!

デザインの編集方法について詳しくはこちら

デザイン事例一覧

スマートフォンでは作成できません。
パソコンをご利用ください。

数量限定!
サンプルプレゼント
はこちら
サンプル請求ページでクーポン券をお選びください